バナー

がん検診を受ける意味はあるのか

現代では様々な病気を医学で発見し、治療できるようになりました。

その中でも特に注目されるのががんという病気であり、これを発見するためのがん検診も全国各地で積極的に行われるようになっています。中にはがん検診を受ける意味について懐疑的な意見を持っている人もいるのですが、この検診を受ける意味は非常に大きいと考えるべきでしょう。



ではどうしてそのように言えるのかというと、がんは「いつ発見できるか」ということが非常に重要だからです。


肺がんや乳がん、喉頭がんなどがんにはさまざまな種類がありますが、どのようながんであっても放置されていればどんどん悪化していきます。ですがこれは逆にいえば、がんは最初は穏やかで、時間をかけて悪化していくものであるということでもあるのです。



症状が重度なのであれば時に治療が難しい、延命治療しかできないということもありますが、早期発見ができたのであればがんは高確率で治療することができる病気です。

むしろ放置していると、たった一か所のがんが全身に転移して、さまざまな臓器に問題を起すということがあり得るのです。

がん検診とクレアチニンに関する疑問にお答えします。

そうした恐ろしい病気をいち早く発見し、治療ができるように働きかけてくれるがん検診の意味は非常に大きいと言えます。

20代などの若い人だとまだがんのリスクが低いため無理をして受ける必要はありませんが、30代を超えてきた人であれば一度は受けておくべきだと言えるのが、このがん検診という存在なのです。